記事一覧

作品づくりに熱中したり、泥んこになって遊んだり、新しい友達をつくったり…
たくさんのこどもがいろいろな宝物を手にいれたワークショップの活動記録です。

ガレット・デ・ロワ2018(前半)

ALL

ガレット・デ・ロワ2018(前半)

日時
2018年11月23日(金・祝)10:30~または14:30~
内容
オリジナルフェーブの制作
場所
せんだいメディアテーク 5階ギャラリーa(宮城県仙台市青葉区春日町2−1)
対象
原則小学4年生~6年生及び中学生(先着40名)
講師
松井利夫(陶芸家、京都造形芸術大学 教授、こども芸術の村 村長)
参加費
前後半合計2,000円

ガレット・デ・ロワは、フランスの公現節(1月6日)に食べられる伝統菓子のこと。ガレットは丸いお菓子、ロワは王様という意味です。ガレット・デ・ロワの中には「フェーブ」という陶器の人形が一つだけ入っていて、切り分けた時にフェーブが当たった人は王冠をかぶり、みんなから祝福を受け、その日は王様・女王様になることができます。そして、その年を幸せに過ごすことができると言い伝えられています。

5回目の開催となるガレット・デ・ロワのワークショップは、例年通り前後半の2回に分けての開催です。
今回は前半のオリジナルフェーブの制作で、「こども芸術の村5周年記念展-スイスからの贈り物-」の会期に合わせ、宮城県仙台市にあるせんだいメディアテークの展覧会会場内でおこなわれました。

ワークショップは、松井村長のガレット・デ・ロワのおはなしからスタート。続いて、土偶型やボタン型のフェーブを使った色塗りの練習です。そして最後に、粘土と釉薬を使って成形から着彩までをおこない、思い思いのオリジナルフェーブをつくりました。

参加したこども達からは、「自分で形を作って色を塗ったことが楽しかった」、「村長が京都から来てたことにびっくりした」といった声が聞かれました。制作したオリジナルフェーブは、年明けにおこなわれる後半のワークショップまでに焼き上げられます。果たしてどんな仕上がりになるのでしょうか?!今から待ち遠しい様子のこども達の姿が見られました。

ALL

Date
 
Contents
 
Venue
 
Target
 
Instructors
 
Participation fee
JPY 前後半合計2,000

 



お問い合せ

「参加してみたい!」という方、以下の項目を入力して送信してください。
「まずは話を聞きたい」という問い合わせも大歓迎!「私も運営に加わりたい」という方からの連絡もお待ちしています。

クリックでコンテンツを開く
お問い合せ種別
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
お問い合せ内容