記事一覧

作品づくりに熱中したり、泥んこになって遊んだり、新しい友達をつくったり…
たくさんのこどもがいろいろな宝物を手にいれたワークショップの活動記録です。

真坂人形 絵付け体験ワークショップ

ALL

真坂人形 絵付け体験ワークショップ

日時
2018年11月11日(日)10:00~
内容
作家オリジナル『真坂人形』の成型土台を自由に彩色する絵付け体験
場所
りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム
福島県伊達市霊山町石田字宝司沢9-1
対象
小学生20名程度
講師
真坂歩(真坂人形師/マサカ商店店主)
参加費
300円
協力
りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム

伏見人形(京都)、博多人形(福岡)など、日本国内にはよく知られた土人形があります。真坂せんせいは大学在学中、地元・秋田県の八橋人形(秋田市)ほか各地の土人形を研究し、オリジナルの『真坂人形』という作品様式を考案しました。こけしのように親しみやすい目元、誰もが参考にしやすい簡潔な造形が特徴です。

会場の「りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム」では、東北各地から手工芸作家が集う年1回のお祭りで、1日に数百人の来場者が訪れる「クラフトカーニバル」が開催され、受付開始早々から続々と参加希望者が集まりました。

ワークショップでは、先生があらかじめ用意した人形土台を選び、下地となる白色を塗り、その上から水彩絵の具で描いていきます。下地塗りした後、5分ほど乾燥する間に何を描くか考えます。

展示された真坂人形を目の前にすると、つい参考にしすぎたり、アイデアが浮かばず悩んだりしそうですが、子どもたちはお構いなしの様子。下地が乾くや否や、下書きも無しに、思い描いた自分のイメージをどんどん絵付けしていきます。

「今度はこの色を使いたい!」
「目の大きさはこのくらいに」

「描き方」にとらわれない自由な色使い、筆使いで、最終的には19名の作品が完成。なかには先生も舌を巻く斬新なキャラクターも。子どもの発想が新しい作品のモチーフにつながることもあるそうで、先生にとっても刺激的な時間になったようです。

なお、参加者のご家族からは、時間があれば土台作りから体験してみたかった、との感想もありました(実は土台から作る体験コースも用意しましたが乾燥が必要なため所要時間が長かった)。例えば土に触れ、土台作りから始める滞在型または複数回の制作体験など、プログラムの進化を考えるヒントになりそうです。

ALL

Date
 
Contents
 
Venue
 
Target
 
Instructors
 
Participation fee
JPY 300

 



お問い合せ

「参加してみたい!」という方、以下の項目を入力して送信してください。
「まずは話を聞きたい」という問い合わせも大歓迎!「私も運営に加わりたい」という方からの連絡もお待ちしています。

クリックでコンテンツを開く
お問い合せ種別
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
お問い合せ内容