記事一覧

作品づくりに熱中したり、泥んこになって遊んだり、新しい友達をつくったり…
たくさんのこどもがいろいろな宝物を手にいれたワークショップの活動記録です。

オリジナルフェーブを使用したガレット・デ・ロワを制作するワークショップ

FOOD

オリジナルフェーブを使用したガレット・デ・ロワを制作するワークショップ

日時
 
内容
オリジナルフェーブを使用したガレット・デ・ロワを制作するワークショップ
場所
ガラス体験工房 森のくに
岩手県花巻市大迫町大迫第12地割45-1
対象
原則小学4年生~6年生及び中学生(20名)
講師
松坂信行/松坂クッキングスクール学園長、料理研究家
参加費
500円

ガレット・デ・ロワは、フランスの公現節(1月6日)に食べられる伝統菓子のこと。中には「フェーブ」という陶器の人形が一つだけ入っていて、フェーブが当たった人は、みんなから祝福を受け、その日は王様・女王様になることができます。そして、その年を幸せに過ごすことができると言い伝えられています。

本ワークショップは、前後半の2回に分けて開催します。今回は前半(2016/12/18)で作ったオリジナルフェーブを使って、ガレット・デ・ロワの制作を行いました。

Date
2017年2月5日(日)13時30分~17時30分
Contents
  
Venue
 
Target
 
Instructors
 
Participation fee
JPY 500

 



お問い合せ

「参加してみたい!」という方、以下の項目を入力して送信してください。
「まずは話を聞きたい」という問い合わせも大歓迎!「私も運営に加わりたい」という方からの連絡もお待ちしています。

クリックでコンテンツを開く
お問い合せ種別
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
お問い合せ内容