記事一覧

作品づくりに熱中したり、泥んこになって遊んだり、新しい友達をつくったり…
たくさんのこどもがいろいろな宝物を手にいれたワークショップの活動記録です。

こども芸術カンパニーOGATSU X【第4回】ほってぇ皿をつくろう!(販売計画編)

WORKSHOP ARCHIVE

こども芸術カンパニーOGATSU X【第4回】ほってぇ皿をつくろう!(販売計画編)

日時
2017 年11月7日(火)9時00分~11時30分
内容
12月2日の道の駅・上品の郷での販売体験会に向けた販売計画を立てる
場所
石巻市立雄勝小学校
宮城県石巻市雄勝大浜字小滝浜2番地2
対象
雄勝小学校 5 年生及び 6 年生 10 名
講師

昨年度のこども芸術カンパニー「OGATSU 7」の6年生が卒業し、旧・大須小学校と合併し新たな5~6年生10名によって構成された「OGATSU X」。
こども芸術カンパニー「OGATSU X」活動第4回となる今回は、12月2日に決定した道の駅・上品の郷(石巻)での販売体験会にむけ、第3回で制作したお皿を選別。値段や売り場についても考えていきます。

ほってぇ皿の選別

 2017年12月2日の販売体験会に向けて、出来上がった100枚ほどのほってぇ皿を選別していきます。選別は、「良品(A):ほってぇ皿として上質なもの」、「B級品(B):使うのに問題はないが、形状や色がやや崩れているもの」、「不良品(C):安全上や使用上の問題がありそうなもの」の3ランク。
選別後、数名の先生にご協力頂き、買いたいと思うほってぇ皿を購入者目線になって選んで頂きました。「これはBに入っていたけど、アクセサリーをのせるのに使えそう。」など、こども達の予想外の意見が出てくることもあり、作り手とユーザーの目線の違いを感じることができました。

価格設定

 選別の次は、価格設定です。12/2の販売体験会は、こども達に実践的な社会参画の機会を提供することを目的としています。そのため、今回は原価計算等はおこなわず、幾らくらいで売れそうかを消費者(先生方)にヒアリングしながら検討をおこないました。下は300円から上は1,000円まで様々。こども達からは、「Aランクはもっと高くてもいいのでは?」という意見も聞かれました。

売り場の計画

 続いて、ほってぇ皿の売り場について検討します。実際の売り場の写真を見ながら、そこに何があるのか観察します。「商品をのせる台」、「値段を描いた紙」、「商品を使っている写真」、「演出のための花」など、売り場には、商品を売るためのたくさんの「情報」が置いてあることに気付きました。ここから、自分たちに必要なものは何かを考えていきます。多くの方にほってぇ皿を購入してもらえるよう、自分たちの思いを最大限に伝える売り場にするために意見を出し合いました。

(第3回はこちらから → ほってぇ皿をつくろう!(みんなでつくろう編)

(第3回はこちらから → ほってぇ皿をつくろう!(みんなでつくろう編)

Children’s Art Company OGATSU X: Shell Plates #4 (sales planning)

WORKSHOP ARCHIVE

Children’s Art Company OGATSU X: Shell Plates #4 (sales planning)

Date
9:00–11:30, Tuesday, November 7, 2017
Contents
OGATSU X members selected Shell Plates to sell and set prices.
Venue
Azakotakihama2-2, Ogatsucho Ohama, Ishinomaki-shi, Miyagi, 986-1302, Japan
Target
Elementary school fifth grade to sixth grade
Instructors
 

 

In the fourth installment of OGATSU X’s Shell Plate project, the children prepared for their upcoming sales experience by selecting completed plates for selling, and setting their prices.
First, they selected approximately 100 finished plates to sell at their sales experience fair on December 2, 2017. Products were categorized into three ranks: superior (A): high quality Shell Plates; second-rate (B): serviceable plates, but the form and color are off; and inferior (C): not safe to use and not serviceable.
After the selection process, prices had to be set. The sales experience fair was intended to provide the children with an opportunity to experience practical social participation. Therefore, they did not calculate production costs, but instead surveyed their consumers (teachers) to ask how much they thought the plates would sell for, and based their pricing on the results. The results ranged from 300 to 1,000 yen, and had many price points in between. Some members of OGATSU X wanted to make the plates less expensive so they could be sure they would sell all of their product, while others preferred to set the price higher to reflect the value of a product made by their friends and members of the community, and still others observed that A-rank items could be sold at a higher price than initially suggested.
Finally, the children discussed their point of sale. They examined pictures of real shops and stalls, and observed what each one did in order to sell items. They realized that the shops they glanced at in passing every day had more than just tags with product names and prices; a lot more information and showmanship goes into selling a product. They used this information to consider what they needed for their shop. They shared their ideas for how their shop could best convey their feelings to their customers in order to encourage people to buy their Shell Plates.

OGATSU X members planned the shop display for selling Shell Plates.

In the fifth installment of OGATSU X’s Shell Plate project, the children continued their discussions from the previous installment about how to display their wares for sale. They considered many practical factors of the display, even physically arranging the plates and creating pop-up display elements.



お問い合せ

「参加してみたい!」という方、以下の項目を入力して送信してください。
「まずは話を聞きたい」という問い合わせも大歓迎!「私も運営に加わりたい」という方からの連絡もお待ちしています。

クリックでコンテンツを開く
お問い合せ種別
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
お問い合せ内容