記事一覧

作品づくりに熱中したり、泥んこになって遊んだり、新しい友達をつくったり…
たくさんのこどもがいろいろな宝物を手にいれたワークショップの活動記録です。

こども芸術カンパニー2018 OGATSU x【第3回】祖父母参観交流会でほってぇリレー!

WORKSHOP ARCHIVE

こども芸術カンパニー2018 OGATSU x【第3回】祖父母参観交流会でほってぇリレー!

日時
2018年9月14日(金)9時00分~12時20分
内容
雄勝小学校及び雄勝中学校と連携協定 を締結し、専門家との「ものづくり」から、雄勝の魅力をより広める「まちづくり」 へ
場所
石巻市立雄勝小学校
宮城県石巻市雄勝大浜字小滝浜2番地2
対象
雄勝小学校生徒
講師
亀山英児さん(陶芸家、三輪田窯 窯主)

2016年度から始まった石巻市立雄勝小学校との協働も今年度で3年目となりました。過去2年間の活動では、5~6年生のこども達が仮想の会社「こども芸術カンパニー」を立ち上げ、地域資源を利活用した新商品「ほってぇ皿」の企画・調査から製造、販売までをおこなってきました。今年度からは、雄勝小学校及び雄勝中学校と連携協定を締結し、専門家との「ものづくり」から、雄勝の魅力をより広める「まちづくり」へと活動の幅を広げていきます。

こども芸術カンパニー2018「OGATSU x」の第3回活動は、生徒の祖父母や地域の方々をゲストとしてお招きして授業をおこなう「祖父母参観交流会」の一環としておこなわれました。
最初に、今年度のほってぇ皿ワークショップが、色々な場所、色々な人をつなぐリレー方式で開催されている旨の説明が副村長からありました。自分が手掛けたお皿を知らない人が使用するということで、こどもも大人も一層目に真剣さが宿ります。

「成型」の工程では、こども達が全体を見渡して、手薄な部分を積極的にサポートする様子がみられました。ある生徒は、切り出された粘土の余分の回収を自発的におこない、それによって他の参加者が成型に集中することができました。今回、成型したお皿は、こども芸術の村5周年記念展覧会の一部として、11/25(日)にせんだいメディアテークで行われるワークショップで使用されます。

「施釉」の工程では、前回2018年7月9日(月)のワークショップで作られた素焼きが使われました。今回のワークショップで施釉されたほってぇ皿は、12月初旬に予定されている道の駅「上品の郷」での体験販売に向けて仕上げられます。ゲストの中には、昨年の祖父母参観交流会に参加された方もおり、「前回より、より楽しく作れた」という声が聞かれました。

Date
Contents
Venue
 
Target
 
Instructors
 



お問い合せ

「参加してみたい!」という方、以下の項目を入力して送信してください。
「まずは話を聞きたい」という問い合わせも大歓迎!「私も運営に加わりたい」という方からの連絡もお待ちしています。

クリックでコンテンツを開く
お問い合せ種別
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
お問い合せ内容