MENU
\ ポイント最大45.5倍! /

ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を5つの項目で徹底比較

家庭用生ごみ処理機として人気のルーフェン(loofen)とフードサイクラー(FC-30)

どちらも生ごみの量も臭いも削減してくれる優れものとして注目を集めています。

ルーフェンやフードサイクラーなどの家庭用生ごみ処理機を手に入れれば、生ごみの悩みが一気に解決できますよ!

しかし、どちらの生ごみ処理機を購入すればよいのか迷ってしまいますよね。

生ごみ処理機はいろんな比較ポイントがあるので違いについて調べるのが大変です。

そこで今回は人気の家庭用生ごみ処理機であるルーフェンとフードサイクラーを5つの項目で比較してみました。

家庭用生ごみ処理機を購入する際に基本となる「1.処理方式」「2.処理容量&時間」「3.対応食材」「4.運転音」「5.価格(本体・消耗品・電気代)」の5つの項目で比較しています。

両製品の良いところも悪いところも含めて、特徴について詳しく見ていきますね。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

目次

ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30のスペック表

まずは以下の通り、表形式でルーフェンとフードサイクラーの各項目を比較しました。

スクロールできます
項目ルーフェンフードサイクラー
処理方式乾燥式乾燥式
サイズ 幅×奥行×高さ27×27.5×35(cm)
※フィルター込み:27×38×35(㎝)
28×32×36(cm)
消費電力90w/日500W/日
月額電気料金1,786円/月
(約58円/日)
約1,500円/月
(約50円/日)
維持費
(交換目安)
活性炭フィルター
(3ヶ月〜6ヶ月に1回)
3,388円
カーボンフィルター
(3~4ヶ月に1回)
6,380円(2本セット)
運転音量30db30db以下
最大処理容量1kg/日1.5㎏/回
処理時間1~8時間3~8時間
脱臭方式自立式活性炭脱臭フィルター方式活性炭方式
重さ6kg約9kg
助成金対象対象
購入価格64,680円(公式通販限定)78,000円
販売会社名株式会社ALPACA株式会社シナジートレーディング
会社ホームページhttps://alpc.tokyo/https://www.synergytrading.co.jp/company/
購入先公式サイトはこちら公式サイトはこちら
価格はすべて税込|2023年10月現在

ルーフェンもフードサイクラーも乾燥式の生ごみ処理機です。

乾燥式は熱や温風により水分を蒸発させ乾燥させることによって、生ごみの量を大幅に削減できます。

メリットとしてはバイオ式やハイブリッド式と比べてコンパクトで本体価格が安価なことが挙げられますよね。

そのうえ、ルーフェンもフードサイクラーも助成金の対象商品ですのでうまく活用すればさらにお得に手に入れられますよ。

乾燥式の生ごみ処理機のデメリットとしては処理中の音や臭いが気になることです。

しかし、どちらも音や臭いを最小限に抑える工夫がされており、気にならないという人が多いですよ。

ルーフェンとフードサイクラーの違いとしては、価格や処理容量、対応食材が挙げられます。

詳細については、後述していますので確認してみてくださいね。

ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を5つの項目で比較しました!

スクロールできます
1.処理方式で比較生ごみの処理方式で比較してみました。
2.処理容量&時間で比較生ごみを処理できる容量と処理にかかる時間で比較してみました。
3.対応食材で比較生ごみ処理機に投入できる食材の種類で比較してみました。
4.運転音で比較生ごみ処理機の運転音の大きさで比較してみました。
5.価格で比較生ごみ処理機の本体価格・消耗品価格・電気代で比較してみました。

上記5つの項目で、ルーフェンとフードサイクラーを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにタップして飛べるようにしています。

1.ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を処理方式で比較!

スクロールできます
ルーフェンフードサイクラー
処理方式乾燥式乾燥式
処理方法温風による乾燥温風による乾燥
設置場所室内用室内用
バイオ基材の補充不要不要
処理中の臭いほぼなし香ばしい香り
詳細独自技術である「空気循環システム」によりムラなくしっかりと乾燥させることができます。乾燥、粉砕、冷却し生ごみを処理します。
※価格はすべて税込み|2023年10月現在の情報のため詳細は公式サイトをご確認ください

ルーフェンとフードサイクラーはどちらも温風により生ごみを乾燥させる乾燥式の生ごみ処理機です。

ルーフェンは独自技術である空気循環システムにより生ごみをムラなくしっかりと乾燥します。

すべてのごみをパリパリに乾燥できるため、生ごみの嫌な臭いも大幅に軽減されますよ。

そのうえ、ルーフェンは独自開発の自立式活性炭脱臭フィルターで処理中の臭いもしっかり除去してくれます。

臭いを気にせずに使用できそうですよね。

フードサイクラーは生ごみを乾燥させた後に粉砕、冷却まで行うため、生ごみの量が最大9割も減らせます。

ルーフェンは粉砕を行わないためここが大きな違いですよね。

フードサイクラーは処理中に少し香ばしい臭いがしますが、臭いをろ過するカーボン・フィルターが備わっているので気になるほどではないようですよ。

2.ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を処理容量&時間で比較!

スクロールできます
ルーフェンフードサイクラー
処理時間の目安1~8時間3~8時間
最大処理量/回1kg/日1.5㎏/回

ルーフェンはごみを入れてボタンを1つ押すだけで庫内のごみの量に合わせて勝手にパワーを調整してくれます。

1回150g~300gの推奨投入量、1日1kgの最大処理容量を守れば追加投入も可能です。

生ごみが出たらすぐに処理できるので、衛生的ですよね。

投入後8時間ほどすると、生ごみの量は大幅に減っていますよ。

フードサイクラーは追加投入できませんが、1回に1.5kgも投入できます

まとめてたくさん生ごみを処理したいときに助かりますよね。

処理量にもよりますが、3~8時間後には最大9割も生ごみの量が減っているのでごみ出しも楽になりますよ。

3.ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を対応食材で比較!

スクロールできます
ルーフェンフードサイクラー
対応できる食材人間が食べて消化できるもの
卵の殻
魚の骨
手羽先の骨
貝殻や牛骨などの固いもの
プラスチック
ビニール
お箸
人間が食べて消化できるもの
卵の殻
魚の骨
手羽先の骨

処理できない物引火性物質(アルコール、ガソリンなど)
粉類(小麦粉など)
薬品類(化粧品、洗剤、漂白剤など)
着火剤(マッチ、ライターなど)
高音・火種となるもの
飴、ガム
オイル、脂
豚骨、牛骨
パイナップルの葉
果物の硬い種
段ボール
金属
ゴム
ビニール
プラスチック
引火性物質(アルコール、ガソリンなど)
粉類(小麦粉など)
薬品類(化粧品、洗剤、漂白剤など)
着火剤(マッチ、ライターなど)
高音・火種となるもの

ルーフェンの方が処理できる物は多そうですよね。

ルーフェンはフードサイクラーでは処理できない貝殻やプラスチック、お箸なども処理できます。

食べ終わったごみを分別することなく生ごみ処理機に入れられるため、面倒な後片付けが必要なく時短にもなりますよね。

フードサイクラーは乾燥だけでなく粉砕も行うため、硬いものなど粉砕できないものは入れることができません。

ラップやつまようじ、輪ゴムなども混入しないように注意してくださいね。

トウモロコシの軸、セロリやアスパラなども小さく切って入れる必要がありますよ。

4.ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を運転音で比較!

スクロールできます
ルーフェンフードサイクラー
運転音量30db30db以下
運転音の目安ささやき声程度ささやき声程度

ルーフェンとフードサイクラーの運転音量はほぼ同一です。

どちらもささやき声程度の音量ですよ。

ルーフェンは電源を押したのを忘れてしまうくらい音がしないようですよ。

フードサイクラーも粉砕の過程があるとは思えないくらい静かなようです。

睡眠に影響を与えないレベルの音量は35~40dbと言われているため、どちらも問題なさそうですよね。

赤ちゃんがいるご家庭はもちろん、深夜に使用したい場合も安心です。

5.ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30を料金で比較!

スクロールできます
ルーフェンフードサイクラー
本体価格64,680円(公式通販限定)78,000円
消耗品活性炭フィルター:3,388円
交換目処:3ヶ月〜6ヶ月に1回
カーボンフィルター:6,380円(2本セット)
交換目処:3~4ヶ月に1回
電気代目安
(内容・量により異なります)
約58円/日
1,786円/月
約50円/日
1,500円/月
※価格はすべて税込み|2023年10月現在の情報のため詳細は公式サイトをご確認ください

本体価格はフードサイクラーの方が高いです。

しかし、電気代についてはルーフェンの方が高そうですよね。

電気代は使用する頻度や処理量などによって異なるため、家族の人数や生ごみの量も考慮して検討する必要がありそうですね。

フードサイクラーは1回に処理できる量が多いため、生ごみの量が多い人にはお得かもしれませんよ。

消耗品についてはどちらもフィルターの交換が必要です。

フードサイクラーのカーボンフィルターは値段も高く交換頻度も多いです。

そのため全体的にフードサイクラーの方がお金がかかるかもしれませんね。

ルーフェンloofenをおすすめの方はこんな人!

ルーフェンは下記のような人におすすめです。

  • 追加投入できる生ごみ処理機が欲しい人
  • 臭いが気になる人
  • ごみの分別が面倒くさい人

ルーフェンは生ごみを追加投入することが可能です。

処理が終わるのを待つ必要もないのでごみ箱代わりとしても使用できますよ。

また、ルーフェンは独自技術により臭いがほとんどしない仕様になっています。

臭いに敏感な人にも向いていますよ。

貝殻やプラスチック、お箸なども処理可能なので分別も不要です。

食後の片づけを大変に思っている人や面倒くさがりの人におすすめです。

フードサイクラーFC-30をおすすめの方はこんな人!

フードサイクラーは下記のような人におすすめです。

  • 生ごみの量が多い人
  • ごみの量をなるべく減らしたい人
  • 家庭菜園している人

フードサイクラーは1回最大1.5㎏処理できます。

かなりの大容量なので、生ごみの量が多い人でも安心して使用できますよ。

また、ごみの量を最大9割も削減できるためごみをできるだけ減らしたい人やごみの量が多くてごみ出しに困っている人には特におすすめです。

フードサイクラーを使用すると生ごみはガーデニングに理想的な肥料に生まれ変わります。

家庭菜園している人にもピッタリの商品ですよ。

まとめ

今回は、生ごみ処理機として人気の商品ルーフェンとフードサイクラーの違いについて5つ紹介してきました。

ルーフェンとフードサイクラーはどちらも乾燥式の生ごみ処理機でした。

ルーフェンは生ごみを乾燥させるだけでしたが、フードサイクラーは生ごみを粉砕まで行う点が大きな違いでしたよね。

臭いはフードサイクラーの方が気になるかもしれません。

ルーフェンは追加投入が可能であり、処理可能な食材が多かったですよね。

フードサイクラーの方が1度に処理できる量は多いですが、全体的にかかるお金も多そうでした。

運転音量はどちらも静かで深夜でも使用できますよ。

それぞれ異なる特徴があったのでぜひ生活に合った生ごみ処理機を手に入れてみてくださいね。

ルーフェンloofenとフードサイクラーFC-30のよくある質問8選

ルーフェンとフードサイクラーのよくある質問について調べたのでそれぞれお答えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. ルーフェンで入れてはいけないものは何ですか?
  2. ルーフェンの電気代はいくらですか?
  3. ルーフェンのバスケットカバーは必要ですか?
  4. ルーフェンとは何ですか?
  5. ルーフェンの使用方法はどうすればいいですか?
  6. フードサイクラーの電気代はいくらですか?
  7. フードサイクラーとは何ですか?
  8. フードサイクラーの使用方法はどうすればいいですか?

ルーフェンで入れてはいけないものは何ですか?

ルーフェンで入れてはいけないものは、引火の可能性があるものや薬品類です。

具体的には下記のようなものを入れないでください。

  • 引火性物質(アルコール、ガソリンなど)
  • 粉類(小麦粉など)
  • 薬品類(化粧品、洗剤、漂白剤など)
  • 着火剤(マッチ、ライターなど)
  • 高音・火種となるもの

故障の原因になるため、注意が必要です。

ルーフェンの電気代はいくらですか?

ルーフェンの1日当たりの電気代は、約58円です。

毎日使うと月に1,786円程度の電気代がかかります。

ルーフェンのバスケットカバーは必要ですか?

ルーフェンのバスケットカバーは絶対に必要というわけではありません

しかし、ごみ捨てやお手入れが楽になるため多くの人が使用していますよ。

ルーフェンとは何ですか?

ルーフェンは、韓国製の乾燥式生ごみ処理機です。

日本では代理店である株式会社ALPACAが販売しています。

韓国で100万台の売り上げを突破した大ヒット商品ですよ。

ルーフェンの使用方法はどうすればいいですか?

ルーフェンの使用方法は、生ごみを入れてスイッチを押すだけです。

処理が終わったら乾燥物を取り出して処分すれば完了です。

お手入れはバスケットを水洗いしてください。

バスケットは食洗機の使用も可能ですが、本体は水洗い不可なので注意してくださいね。

フードサイクラーの電気代はいくらですか?

フードサイクラーの1日当たりの電気代は、約50円です。

毎日使うと月に1,500円程度の電気代がかかります。

フードサイクラーとは何ですか?

ルーフェンは、カナダ製の乾燥式生ごみ処理機です。

生ごみをわずか3時間で栄養豊富な肥料に変えてくれますよ。

フードサイクラーの使用方法はどうすればいいですか?

フードサイクラーの使用方法は、生ごみを入れてスイッチを押すだけです。

処理が終わったら乾燥物を取り出して処分すれば完了です。

お手入れはバスケットを食洗機で洗うか中性洗剤を使用して丸洗いしてください。

本体はふきんなどをぬるま湯につけて硬く絞ってから外側を拭いた後、乾いた布で湿気をしっかりと拭き取ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次