MENU
\ ポイント最大11倍! /

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の良い口コミ・悪い評判を徹底調査!

毎日どうしても出てしまう生ゴミ。

特におうち時間が増えた近年、生ゴミが増えて処理や臭いにストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな人の救世主になるのが家庭用生ゴミ処理機のルーフェン(loofen)です。

生ゴミを乾燥させて量を77%削減でき、自宅で簡単に処理ができると注目されていますよ。

一方で、本当に臭わなくなるのか、価格やサイズ、電気代などが気になる人もいるのではないかと思います。

そこで今回は、ルーフェンの良い口コミ~悪い評判まで徹底調査!

ルーフェンの基本情報やお得な助成金制度についても詳しく紹介していきます。

購入後に後悔しないようにデメリットもしっかり伝えますので、参考にしてみてくださいね。

目次

【結論】ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の総合評価

画像引用元:ルーフェン公式サイトより

口コミや評判、リサーチなどから分かったルーフェンの総合評価をまとめました。

評価
総合評価★★★☆☆
口コミ評価★★★☆☆
コスパ★★★☆☆
機能性★★★☆☆
サイズ感★★★☆☆
デザイン★★★★☆
静かさ★★★★★
臭い★★★★☆
価格★★★☆☆
保証サービス★★★☆☆

結論から言うと、総合評価は満点まではいかないですが、まずまずでした。

ルーフェンはスタイリッシュなデザイン作動音が静かな点は高評価ですが、奥行きが長い点と処理時間の長さが不評です。

キッチンの雰囲気やデザインにこだわっているけど、生ゴミ処理機も置いて快適にしたいという人にはおすすめですね。

奥行の長さは、キッチンスペースの広さによって感じ方が異なるので、収まるかどうか不安な人は設置できそうかサイズを測ってみるといいでしょう。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の基本情報

画像引用元:ルーフェン公式サイトより
スクロールできます
処理方式温風空気循環乾燥方式
サイズ 幅×奥行×高さ27×27.5×35(cm)
※フィルター込み:27×38×35(㎝)
消費電力平均90W/日
月額電気料金1,786円/月(2.4円/1h)
※平均電力で24時間使用した場合
維持費
(交換目安)
活性炭フィルター
(3ヶ月〜6ヶ月に1回)
3,388円
運転音量30db
最大処理容量5L(1日1㎏まで)
処理時間1~8時間
脱臭方式自立式活性炭脱臭フィルター方式
重さ6(kg)
助成金対象
購入価格64,680円(公式通販限定)
販売会社名株式会社ALPACA
会社ホームページhttps://alpc.tokyo/
購入先公式サイトはこちら
価格はすべて税込|2023年9月現在

ルーフェンは、電力調整AIで乾燥処理する生ゴミ処理機

生ゴミを投入すると、自動で重さを察知し、生ゴミの量に合わせて稼働する仕組みになっています。

韓国で生まれたブランドで、2022年4月に日本に上陸!

生ゴミ処理にストレスを感じている日本の主婦たちからもすでに大人気ですよ。

ルーフェンは空気循環システムを採用しており、ムラなくゴミを乾燥するので量を77%削減できます。

自立式活性炭脱臭フィルターで生ゴミの嫌な臭いもしっかり除去

価格は64,680円(公式通販限定)と決して安くはないですが、これで日々の家事が楽になれば嬉しいですね。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の良い口コミをまとめました!

ルーフェンの良い口コミを12件、中立~悪い口コミを6件をまとめました。

「インスタ」「ツイッター」を中心に、その他ネット情報をリサーチしたので参考にしてみてくださいね。

まず、良い口コミは以下の通りです。

  • デザインがシンプルで可愛い
  • 作動音が静か
  • 嫌な生ゴミの臭いがなくなり、コバエのストレスからも解放された
  • 汁漏れがなくて衛生的
  • キッチンにも馴染むデザイン
  • 電気代が安い
  • 分別せずにそのまま投入できる
  • 操作が簡単
  • 補助金を使って安く購入できた
  • 生ゴミの重さから解放されて、ゴミ出しが楽になった

一方で、中立~悪い口コミは以下の通りです。

  • 奥行が長くて狭いキッチンには合わない
  • フィルター交換の費用など維持費がかかる
  • 生ゴミを完全乾燥するには時間がかかる

中立~悪い口コミは対策もお伝えしていますよ。

それでは、それぞれの口コミについてこれから詳しく紹介していきます。

ルーフェンloofenのツイッターでの良い口コミ4件

それでは、ルーフェンのツイッターでの良い口コミを見ていきましょう。

ルーフェンの生ゴミ処理機はシンプルで可愛いデザインが揃っています。

自分の好きな色を選ぶのも良いですし、キッチンの色や雰囲気に合わせて選んでも良いですね。

色はホワイト、パープル、ピンク、ミント、スモーキーグレー(+3,960円)の中から選べますよ。

ルーフェンの魅力は作動音が静かということです。

作動音はわずか30db(デシベル)。

30dbは、鉛筆の執筆音くらいの騒音レベルです。

深夜に稼働させてもうるさくないので、寝る前にスイッチを入れて朝には処理が完了しているという使い方もできそうですね。

嫌な生ゴミの臭いがなくなり、コバエのストレスからも解放されたという口コミが多くありました。

ルーフェンは乾燥式なので、生ゴミを素手で触って片付けができるという声もありましたよ。

家事の効率がアップしそうですね。

また、生ゴミの量を77%削減して家庭ゴミ削減にも繋がるので、環境にも優しいですよ。

また、汁垂れもなく衛生的だと主婦から好評でした。

綺麗好きには嬉しいですね。

ルーフェンloofenのインスタグラムでの良い口コミ4件

次は、インスタグラムでの良い口コミを紹介していきます。

やはり、おしゃれなデザインが人気を集めていますね。

さらに、2023年7月15日に既存色に加えて「スモーキーグレー」のカラーが登場(+3,960円)しました。

スタイリッシュな感じがシックなキッチンにも雰囲気が合いますね。

音が静かで、動いているのがわからないくらいというコメントも多く見られました。

また、気になる臭いですが、しっかり消臭できているという口コミが多かったです。

ただ、液体系が多いと乾燥にかなり時間がかかるので、水切りをしっかりして入れることと、水滴が処理機内についていたら拭くことは意識して使用しましょう。

電気代が安いというコメントも多くありました。

ルーフェンの1日(1回)の電気代は約20円~40円で、1か月にすると約600円~1,200円です。

※最大処理容量で標準モードで処理した場合の目安(参照:ルーフェン公式サイトより)

家計の負担も少なく、生ゴミのストレスから解放されますね。

ルーフェンは生ゴミを分別せずにそのまま投入できます。

貝殻や筍の固い皮、柑橘類、魚や肉の骨も処理可能!

多少の紙くずやプラスチックであれば、混ざっていてもほとんど問題ありません。

ただし、火種が残っている焦げた食品や化学物質、引火性の物質は不可ですので注意してくださいね。

面倒な手間が省けるので、共働き世帯や育児で忙しいパパママさんにもおすすめです。

ルーフェンの生ゴミ処理機は機能面も抜群ですが、操作も簡単なところが人気を集めているようです。

難しい設定も必要ありません。

生ゴミを投入してスイッチを入れるだけ。

AIが搭載されているため、ゴミの量を自動察知して処理をしてくれますよ。

ルーフェンloofenのその他ネット上の良い口コミ4件

次は、Amazonと楽天の良い口コミを紹介していきます。

思ってたより静かです。
使い方簡単。
補助金の対象で、半額補助でした。

引用元:Amazonより

他の口コミと併せて多かったのが、「補助金を使って安く購入できた」という声です。

ルーフェンは補助金対象の生ゴミ処理機なので、お得に購入できますよ。

なぜ生ゴミ処理機が補助金対象なのかということですが、家庭ゴミの処理には多額の税金が使われていますよね。

しかし、生ゴミ処理機が普及して家庭ゴミが減れば、大幅に処理費用(税金)を削減できるので、多くの自治体が補助金制度を用意しているんです。

ただ、すべての自治体が行っているわけではないため、事前に住んでいる自治体の補助金制度を調べてみてくださいね。

乾燥により生ゴミは驚くほど軽く小さくなります。ゴミ収集日に生ゴミの重さから解放されました。臭いもなく重宝しています。

引用元:Amazonより

生ゴミの重さから解放された」「生ゴミを素手で触れるくらい乾燥している」など、実際に使用した人からは喜びの声が集まっていました。

生ゴミが含んでいる水分が重さになって、ゴミ出しのストレスにもなりますが、ルーフェンがあれば解決できますね。

良いよ!値段的には他の生ゴミ乾燥機よりかなり高いとは正直思いますが、1ヶ月程度の使用では大変満足の感想です。三角コーナーは撤去し、キッチンがスッキリし、掃除も簡単になり、生臭い臭いがなくなりました。夕食までに出る生ゴミを夜中に乾燥させ、朝にはゴミとして捨てます。中の容器にキッチンペーパーを敷き、直接生ゴミを入れるのが楽にできます。何より見た目が可愛くてよいと思います。お薦めの商品です。

引用元:楽天より

見た目が可愛い」「おしゃれ」「デザインが気に入って購入した」という口コミがとても多かったです。

目に入る場所には置きづらいイメージの生ゴミ処理機ですが、ルーフェンはインテリアのようなデザインで全く違和感がありません。

生ゴミはシンクの端っこに置きがちで、見た目も気になりますよね。

そんな悩みもルーフェンはおしゃれなデザインで解決してくれますよ。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の中立~悪い口コミを6件まとめました!

一方、ルーフェンの中立~悪い口コミもありましたので紹介していきます。

キッチンでの不快な悪臭はなくなりました。
本体背面に円柱状のフィルターが2本付くので設置には商品画像で見るよりも奥行き5〜6cm必要です。

引用元:Amazonより

とても静かな稼働音なので良かったですが、やはり大きいのが少し気になりますね。
そのうち馴染んで気にならなくなるとおもいますが、その分でマイナス1です。

引用元:楽天より

ルーフェンは活性炭フィルターも入れると奥行が38㎝もあるので、狭いキッチンではサイズが合わないという口コミもありました。

事前に、自分のキッチンに収まりそうか確認しておくと良さそうですね。

対策としてキッチンカウンターに置いているという人もいました。

コンセントにさす必要があるので、届く場所がいいですね。

ルーフェンの電源コードは本体背面から出ていて、長さは約1m40㎝です。

ルーフェンの消臭は活性炭フィルター式で、3~6か月に1回のフィルター交換が推奨されています。

活性炭フィルターは公式サイトの販売で2本入りが3,388円(税込)です。

年間で6,776円~13,552円(税込)かかるようになりますね。

また、バスケットカバーも交換するとなるとさらに費用がかかります。

バスケットカバーは必ずしも必要ではありませんが、あれば日々のお手入れやゴミ捨てが楽になりますよ。

ちなみに、バスケットカバーは20枚入りで2,508円(税込)です。

他社の生ゴミ処理機でもカートリッジ交換など費用がかかるものは多いので、生ゴミ処理機を使うならどうしてもかかってしまう費用になりそうです。

ルーフェンは最新の乾燥方式空気循環システムを採用しているため、送風で細かいゴミが舞ってしまうこともあります。

中が汚れてしまった場合は、バスケットと網を出してさっと丸洗いするだけで、簡単にお手入れができますよ。

汚れが溜まる前にお手入れするのが良さそうですね。

大きさや作動音、デザインには、とても満足していますが、処理時間が思っていたより長時間かかるんだなと思いました。完全パリパリには2日間は必要なようです。

引用元:Amazonより

濡れていない葉物で、パリパリに乾くまで数時間かかります。
また、ゴミを取り出したした後のバスケットの掃除も、少し面倒くさいです。
家ではおおむね満足ですが、たくさん生ゴミがでる家庭には不向きかも。

引用元:Amazonより

生ゴミをルーフェンに投入してから完全に乾燥するには時間がかかります。

ルーフェン公式サイトでは1時間~8時間かかるとされており、かなり差がありますね。

生ゴミの量や水分量に大きく左右されるので、ルーフェンに投入する際は、しっかり水気を切るようにしましょう。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の口コミまとめ

画像引用元:ルーフェン公式サイトより

ルーフェンの良い口コミ、中立~悪い口コミを紹介してきました。

生ゴミの嫌な臭いから解放されて、購入してよかったという口コミがとても多かったです。

さらにゴミ分別する必要がなく、途中投入できる点も忙しい主婦にとっては嬉しいポイントですよね。

また、オシャレな見た目動作音の静かさも人気の理由のようですよ。

機能性も良くて、見た目も良いとストレスなく使えますね。

一方で、サイズ感が大きすぎてキッチンに合わない人や維持費がかかるという口コミもありました。

事前に自宅のキッチンのサイズと照らし合わせてみてくださいね。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)は助成金の対象になる?

ルーフェンは助成金の対象になります。

ただ、住んでいる自治体に生ゴミ処理機の助成金制度があるかの確認が必要です。

この制度がある場合に限り、ルーフェン購入後に助成金を受け取ることができますよ。

また、年度ごとに予算が決まっており、予算上限に達すると受付終了になってしまう可能性があるため、早めの購入がおすすめです。

ルーフェン公式サイトでは、郵便番号を入力するだけで住んでいる自治体に助成金制度があるかを確認できますよ。

購入を迷っている人はぜひ活用してみてくださいね。

助成金の対象であっても、住んでいる自治体によって助成率や申請期限、申請方法などが異なります。

購入する前に自治体に確認をしておきましょう。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)をおすすめしない人

下記のような人にルーフェンはおすすめしません。

  • 生ゴミ処理にお金がかかることに抵抗がある人
  • キッチンスペースが十分にない人
  • 大家族で生ゴミの量が多い家庭

ルーフェンは活性炭フィルターの交換が3か月~6か月に1回必要とされているので、生ゴミ処理にお金がかかることに抵抗がある人はやめた方が良さそうですね。

また、ルーフェンのサイズはフィルターも入れると奥行きが38㎝あります。

キッチンスペースが十分にない人は、場所をとることにストレスを感じるかもしれません。

ただ、ルーフェン自体はコンセントを繋げればどこでも使用できるので、思い切って別の場所に設置するという方法もありそうですね。

さらに、大家族で生ゴミの量が多い家庭にはおすすめしません。

ルーフェンで生ゴミ処理ができるのは1日1㎏までとされているため、沢山の量を一気に入れてしまうと処理に時間がかかり、十分に乾燥ができないのです。

推奨量が1回150g~300g前後となっていますので、入れすぎないように注意が必要ですね。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)をおすすめする人

一方で、下記のような人にルーフェンはおすすめです。

  • 生ゴミの悪臭や汁漏れ、コバエに悩まされている
  • 分別が面倒くさい
  • 途中でゴミを追加できる機能がほしい
  • シンプルでキッチンに馴染むデザインがいい

ルーフェンは強力乾燥と消臭で、生ゴミの嫌な臭いを削減してくれます。

生ゴミの汁漏れコバエの悩みから解放してくれますよ。

また、ルーフェンはラップや汚れを拭いたティッシュも一緒に投入できるので、いちいち分別する必要がありません。

スイッチを押した後でも途中投入ができるので、面倒くさがりやの人にもおすすめですね。

さらに、ルーフェンはシンプルでおしゃれなデザインになっているので、キッチンに馴染むデザインを探している人にぴったりですよ。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)の販売会社情報

画像引用元:ルーフェン公式サイトより
スクロールできます
販売会社名株式会社ALPACA
販売会社住所東京都 港区 南青山 2-2-15-1214
販売会社ホームページhttps://alpc.tokyo/

ルーフェンを販売しているのは株式会社ALPACAです。

製造しているのは韓国のメーカーで、株式会社ALPACAは日本総代理店を担っています。

「多くの人の役に立つ機能と、情熱的なブランドイメージを両立した製品を世の中に広めていく」をモットーに、美容家電やコスメブランドの販売代理店も行っていますよ。

ルーフェンloofen(生ゴミ処理機)のよくある質問8選

画像引用元:ルーフェン公式サイトより

ルーフェンのよくある質問について調べたのでそれぞれお答えします。

  1. ルーフェンとは何ですか?
  2. ルーフェンを使うメリットは?
  3. Loofenの料金はいくらですか?
  4. ルーフェンの維持費はいくらですか?
  5. ルーフェンのフィルターの交換時期は?
  6. Loofenの電気代はいくらですか?
  7. ルーフェンの大きさは?
  8. Loofenの使い方は?
  9. ルーフェンに入れてはいけないものは何ですか?
  10. ルーフェンをお得に買う方法はありますか?
  11. Loofenの注文はキャンセルできますか?
  12. ルーフェンの定期購入の解約はできますか?
  13. ルーフェンの問い合わせ先はどこですか?

ルーフェンとは何ですか?

ルーフェンとは、韓国で誕生した乾燥式の生ゴミ処理機です。

韓国では、大量の食品廃棄物が社会問題となっており、「生ゴミを捨てた分だけお金を払う」という従量課金制が導入されています。

それを受けて、生ゴミ処理機のパイオニアとして大成功を収めたのがルーフェン。

生ゴミに温風を吹きかけて水分を抜くことで、生ゴミの量を77%削減し、活性炭フィルターでしっかり消臭します。

日本でも注目を集めており、特にデザイン性の高さが支持を得ていますよ。

ルーフェンを使うメリットは?

ルーフェンのメリットは下記の通りです。

  • デザインがシンプルでキッチンの材質に関わらず馴染みやすい
  • 生ゴミの量を77%削減
  • 悪臭をしっかり除去
  • 99.9%の除菌効果
  • 作動音が静か(30㏈)
  • ゴミを追加投入できる
  • 分別が不要
  • 操作がボタン1つで簡単
  • お手入れはバスケットを洗うだけで簡単

Loofenの料金はいくらですか?

ルーフェンの販売価格は64,680円(税込)です。

スモーキーグレーは特別仕様になっているため、68,640円(税込)ですので注意してくださいね。

ルーフェンの維持費はいくらですか?

ルーフェンは維持費として、3~6か月に1回活性炭フィルターの交換3,388円(税込)がかかります。

活性炭フィルターは生ゴミの嫌な臭いを消臭する役割を担っており、快適に使用するためには定期的な交換がおすすめです。

ルーフェン公式サイトでは、バスケットカバーとセットの定期コースもあるので気になる方は検討してみてくださいね。

また、バスケットカバーを使用する場合は20枚入りで2,508円(税込)かかります。

バスケットカバーは必ずしも必要ではないですが、ある方が日々のお手入れやゴミ捨てが楽になり、よりストレスなく生ゴミ処理ができますよ。

バスケットカバーの費用が気になる人は、毎回捨てるのではなく、臭いが気にならない程度に何度か使用しても良いかもしれません。

ルーフェンのフィルターの交換時期は?

ルーフェンのフィルターは、毎日継続的に使用した場合は3か月に1回の交換が推奨されています。

使用頻度によっても異なりますが、交換せずに使い続けると生ゴミの消臭機能がなくなり、臭いが漏れ出すので定期的に交換をしましょう。

Loofenの電気代はいくらですか?

ルーフェンの1日(1回)の電気代は約20円~40円で、1か月にすると約600円~1,200円です。

※最大処理容量で標準モードで処理した場合の目安(参照:ルーフェン公式サイトより)

ルーフェンの大きさは?

ルーフェン本体の大きさは、27(幅)×27.5(奥行)×35(高さ)(cm)です。

ただ、活性炭フィルターを本体の後ろに装着するので奥行きが38㎝となり、自宅のキッチンが狭い人は注意が必要ですね。

Loofenの使い方は?

ルーフェンの使い方は、まず生ゴミを入れてスイッチを押します。

そして乾燥したら取り出して可燃ゴミとして処分してください。

肥料としても使えますよ。

使用する際は、なるべく水分を切った状態で投入しましょう。

ブドウやトマトなど水分が多いものをそのまま投入すると、乾燥までに時間がかかったり、十分に乾燥ができません。

よりルーフェンの効果を感じるためにも注意が必要ですね。

また、ルーフェンは乾燥終了後の合図や自動タイマーはついていません。

常に乾燥状態を保ち、いつでもゴミを投入できるように設計されているので、生ゴミが入っている状態の時はオン、空の状態の時はオフにして手動で切り替えが必要ですよ。

お手入れ方法はバスケットを水で丸洗いすればOK。

食洗機の使用も可能です。

フィルターケースに水がたまると臭いが発生する場合があるので、定期的なお手入れがおすすめです。

本体は水洗い不可ですので、気をつけてくださいね。

ルーフェンに入れてはいけないものは何ですか?

ルーフェンに入れてはいけないものは下記の通りです。

  • 引火性物質(アルコール、ガソリンなど)
  • 粉類(小麦粉など)
  • 薬品類(化粧品、洗剤、漂白剤など)
  • 着火剤(マッチ、ライターなど)
  • 高音・火種となるもの

また、下記のようなものは入れても処理できなかったり、悪臭の原因となるため注意しましょう。

  • 腐ったもの
  • 水分、油分が多いもの
  • ペットのふん(犬や猫のふん)

ルーフェンをお得に買う方法はありますか?

ルーフェンをお得に買う方法は、公式サイトから購入することです。

公式サイトで購入すると、10,000円オフクーポンが適用されますよ。

また、住んでいる自治体によっては助成金がでますので、事前に確認をしておきましょう。

Loofenの注文はキャンセルできますか?

ルーフェンは購入後のキャンセルはできません。

注文間違いによるキャンセルも不可です。

事前によく確認してから申し込みをしましょう。

ルーフェンの定期購入の解約はできますか?

ルーフェンの消耗品である活性炭フィルターと専用バスケットカバーの定期購入は、2回目以降の注文分以降に限り解約が可能です。

解約の連絡は電話でのみ可能となっており、期限は次回届く日の10日前までですので、注意してくださいね。

メールや問い合わせフォームでの解約は不可です。

ルーフェンの問い合わせ先はどこですか?

ルーフェンの問い合わせ先は下記の通りです。

  • loofen公式ストア
  • 電話番号:050-3709-6385
  • メールアドレス:support@loofen.jp
  • 住所:〒 107-0062 東京都 港区 南青山 2-2-15-1214

営業時間は11時~18時で、平日のみですので注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次